乙女なブログを書きたいけどアラフォーブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS セブ島への旅行を計画し始める。

<<   作成日時 : 2017/07/16 09:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もうすぐ夏休みです。

今年はセブ島に行ってみようかと、計画を練っています。

子連れ旅行は何かと気を使いますが、私が気をつけているのは特にこれ。

画像



飛行機の乗っている時間

小さい子供との旅行で一番気をつけているのは、飛行機に乗っている時間をなるべく少なくする事。

だって、飛行機でくずりだしたら、もうダメです。何も手のつけようがありません。

車はいいんです。基本、子供って車に乗ると寝ますから。

電車もOK。新幹線なら泣き出しても、トイレのあたりや連結部分に連れて行けます。

その点、飛行機はダメ。泣き出したらどうにもならない。


ああ、あとあれですね。

エコノミーの鬼狭い座席。

ビジネスで行けよ!って話かもしれないですが、そんな裕福でもない我が家。

でも、海外旅行は行きたいという、我がままな私(笑)


さて、話をセブ島に戻します。

セブまで、直行便が出ているので、東京から4時間半。これなら子連れでもいいのではないか?と思います。

小さな子どもと行く渡航ですと、フライト時間への配慮が大事ですよね。

ハワイ諸島といえば人気スポットですが、反面フライトの距離は長め。

サイパン、グアムもしくは近間のアジア地域なら割とすぐにたどり着きますし、皆にかかる負荷の規模も抑えられます。

子どもの歳が低いシチュエーションでは、むやみに長い時間におよぶフライトはNGです。

あと時差。時差が出来るだけ小さいエリアがいいのではないか。

セブ島は日本との時差が一時間。いいじゃない!


旅先においてどう過ごすかはもちろん気になりますが、移動時間も問題なく送れるように旅行案を練らないと。

渡航者の多い所を選択すると便利な部分としては、やはりたくさんの親子が利用する為にリーズナブルに楽しめるツアーを見つけやすいことが挙げられます。

しかも、ファミリーでそこに訪れたことのある人から集められた、信頼性の高い案内情報も割と調べ易いです。

セブ島も直行便があるためか、旅行会社にパンフがたくさんありました。

おそらく!日本人は多いでしょうね(苦笑)

でも、子連れだと、それも逆にありがたい。

日本人が多い、という事は、日本語ができるホテルスタッフがいる可能性が高い。

これ、重要。小さい子供がいると、何が起きるかわかりませんから。

夜中に熱が出たー!

子供が転んで血が出たー!

なんか物を壊したー!

などなど、あらゆるアクシデントが予想されます。

そんな時、日本語デスクや日本語のできるスタッフがいれば安心。


ま、これも、私が英語が堪能なら問題ないんですけどね(苦笑)

それでも海外旅行したい、やっぱ私がわがままなのか・・・(苦笑)

ま!それはともかく!

今年はセブ島に行く事になりそうです!

楽しみー!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
セブ島への旅行を計画し始める。 乙女なブログを書きたいけどアラフォーブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる